So-net無料ブログ作成

『ハワイの伝統文化“フラ”奉納in法然院』 [Live info]

2009年 7月 15日(水) 午後7時開始(午後6時半開場) 

法然院 本堂  [京都市左京区鹿ケ谷御所ノ段町30番地]

出演    パティ・ケアロハラニ・ライト師(クム・ケア)とその教え子たち 
        サンディーマヌメレ ラニアケア

法然院 貫主 梶田真章



内容   
1.法話 「日本人の伝統的宗教心〜先祖教と神道〜」
2.クムフラ、パティによる「ハワイの神々 そしてフラとは」
3.フラ奉納
4.参加者全員によるフリートーク

ハワイは基本的には自然宗教で、あらゆる自然の中に
神が宿っていると考えられています。
フラはハワイの人々が古くから神に捧げ、
神を讃えるために踊る宗教的側面の
色濃いものです。観光立国でもあるハワイがいわゆるフラダンスを観光的に訴求し、
またハワイの伝統的音楽がアメリカの統治下でポピュラー音楽と深く交わったので、
フラ〜ハワイ音楽は観光興行的に受け止められがちですが、
ハワイの多くの人々にとっては日々の生活の基本であり、
彼らはフラを通じて伝統と文化を
守っていこうとしています(白人系、ポリネシア人系、アジア人系を問わず)。

法然院.jpg


今回来日するパティ・ケアロハラニ・ライトさんは20年に亘って
オアフ島カイルア町でフラのスタジオを営み、フラ、ハワイ語、歴史、伝統工芸、
ウクレレなどを教えています。彼女はハワイの伝統的精神である
アロハ・スピリットを一人でも多くの人に感じ取ってもらって、
世界中が平和であり続けられるような世の中になることを
祈っています。そして、その一番弟子であるサンディー(元ロック・シンガー)は
東京の原宿でフラスタジオを営んでいます。
そのサンディーのフラスタジオの発表会(於 東京)にハワイからも参加するため、
パティさんとそのお弟子さん6名が来日します。
彼らは日本の歴史文化に触れるために京都を訪れ、
京都でも指折りの静謐な“場”である法然院に“フラ”を奉納します。 
また、梶田貫主からご法話、クム・ケアによる
ハワイ文化の解説も行います。どうぞお集まり下さい。

参加のお申し込み     
参加される方は事前に電話、ファックス、
E-mailにて法然院までお申し込み下さい。

Tel.075-771-2420
Fax.075-752-1083
E-mail:Byakurenja@aol.com

nice!(0)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:資格・学び

nice! 0

コメント 1

もんてすQ

sandii、パティ先生、ダンサーのみなさんお疲れ様でした。
誰か一人くらい知ってる顔がいたほうが
sandiiも安心するんじゃないかなと思って法然院にうかがいました。

京都のお寺は宗教施設であるだけでなく、昔から
「文化的なサロン」の役割を果たしています。だから
日本の伝統文化とフラの出会いという「異文化交流」は、
とっても意義のある試みだと思います。

9月のオーチャードホール、sandiiから来てねって言われたから
行こうかなと思っています。また会える日を楽しみにしてます。


by もんてすQ (2009-07-21 01:21) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。