So-net無料ブログ作成

SandiiBunbun 『飛らら-Hirara』 5/18リリース [『飛らら−Hirara』]

SENKOU.jpg

祝☆フジロックフェスティバル'10出演決定
サンディーの21世紀型ワールド・ミュージック!

「サンディーは21世紀の日本における特別な存在だ。歌や踊りなどあらゆる芸能、
もしくはパフォーマンスと呼ばれる世界で、彼女ほど大きくて深い、
独自の境地を作り上げた人はいない。しかもそれは完成されているというよりも、
今もなお発展しつつあって、これからどこまで大きく育っていくのか予測もつかないのだ」 
中村とうよう氏(解説より)

「旅先の空の下にいるみたい、自由に広がっていくひたすらに甘い気持ち」よしもとばなな氏


ハワイの伝統を継承するクムフラに成長したサンディー。
近年はハワイ〜タヒチの音楽(とダンス)に精力を注いできた彼女が、
ついに21世紀の新しいワールド・ミュージックを作り上げてくれました。
他でもない、ピッカピカの新作であるこのアルバム『飛(ひ)らら』のことです。
サンディーとユニットを組むのは、エスニック・アンサンブル・ユニットKOH-TAOのBUN。
前作『花(か)ビラ』(マナパシフィカ MP-8888)以来のコンビによる
セカンド・アルバムということになります。
今回も伴奏のサウンドの中心にいるのは、BUNが演奏する自作のカリンバ(親指ピアノ)。
アフリカで生まれたこの楽器の優しくも悠久な響きに包まれて、
サンディーの歌声は世界を縦横無尽に駆け巡ります。ハワイからタヒチ、そして沖縄…。
さらに伴奏にはインドの太い笛やら若手グループ、アースコンシャスによる
アジアの伝統打楽器の音色も聞こえてきて、ますます多彩。キラキラドキドキ、
色とりどりに輝く全12曲です。

しかも収録されたのは、サンディーを中心にしたユニットによる新曲ばかり。
サンディーはソングライターとしての才能を久しぶりに爆発させてくれました。
これまで体験してきた音楽の要素を取り入れながら、
それらをまったく自然に消化してゆくサンディー。
その音楽は21世紀という時代を呼吸しながら、
ますますスケールの大きな独自の世界を作りはじめました。

これは2010年のワールド・ミュージックの最大のニュースです。


特典DVD&ポストカード
ピクチャ-1.jpg

ご予約はこちらから

そして全曲試聴&曲解説はこちらから♪






nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。